小説家 蓮見恭子公式サイト HP

著者名 蓮見恭子
出身 大阪府堺市出身
学歴 大阪芸術大学美術学科卒業
概要 ●2000年頃から小説を書き始め、2002年大阪の「創作サポートセンター(当時は「大阪シナリオ学校 エンターテインメントノベル科」)」に入学。受講しながら、作品を書き始める。

●2010年『女騎手』で第30回横溝正史ミステリ大賞の優秀賞を受賞。

●2020年『たこ焼きの岸本』で第8回大阪ほんま本大賞を受賞。

作品 【単著】
●『女騎手』(2010年、角川書店/2012年、角川文庫)

●『無名騎手』(2011年、角川書店)

●『ワイルドピッチ』(2012年、光文社)

●『アンフェイスフル 国際犯罪捜査官・蛭川タニア』(2013年、角川文庫)

●『拝啓17歳の私』(2013年、角川春樹事務所/2015年、ハルキ文庫から『ガールズ空手セブンティーン』として刊行)

●『イントゥルージョン 国際犯罪捜査官・蛭川タニア』(2014年、角川文庫)

●『襷を、君に』(2016年、光文社/2018年、光文社文庫)

●『シマイチ古道具商 ―春夏冬人情ものがたり―』(2017年、新潮文庫nex)

●『襷を我が手に』(2017年、光文社)

●『始まりの家』(2018年、講談社)

●『MGC マラソンサバイバル』(2019年、光文社)

●『たこ焼きの岸本』(2020年、ハルキ文庫)

●『バンチョ高校クイズ研』(2020年、集英社文庫)

【寄稿・アンソロジー】
●『推理作家謎友録 日本推理作家協会70数年記念エッセイ』(日本推理作家協会=編)

●『怪を編む』(アミの会(仮))